日本古来の毛鉤釣り

「和式テンカラ」を語るうえで欠かせない瀬畑雄三翁とテーパーラインの存在。

ここにきて昨今のテンカラに思うことは十人十色を間違えて都合よく解釈してしまったことで

世界に誇る筈のテンカラが知らぬ間に洋式テンカラへ。

魚を釣る目的のみならばそれも厭わぬことなのだが。

文化伝統を重んじて。

テンカラの楽しみは魚の大きさや数や美しさを語るだけではなく、その過程にも見出したい。

それでこそ生涯たのしむことが出来る遊びになる筈。

「テンカラらしく」それを失った時に様々ある日本独自の和式テンカラは忘れられる運命となるかもしれない。

流行りものになればなるほどにそのことが危惧される。

100年先の釣り人へ。

シンプルは拘るほどにうまい。

 

 

どこかの山でお会いしたらお願いします。

アウトドアファンのみなさま渓流釣りをはじめてみませんか?

GROUNDSTOREでは皆様のテンカラ釣りデビューを応援いたします。→http://groundstore.jp

GO TENKARA/YouTube→https://www.youtube.com/c/GOTENKARA

GO TENKARA/BLOGブログ→https://go-tenkara.blogspot.jp

GO TENKARA/釣り場案内→https://note.mu/iwanayamame

GROUNDSTORE→http://groundstore.jp

オンラインショップ→http://groundstore.theshop.jp

著作権表示

Copyright © 2018 DaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE

管理者 DaisukeTsuchiya  連絡先 groundstore1983@gmail.com

著作権について

当サイトに記載の文章、写真の著作権はDaisukeTsuchiya/GROUNDSTORE代表に帰属し、著作権法で守られております。著作権者による事前の書面による承諾なく複製、改変(変更、削除等)、翻訳、翻案、公衆送信、等の行為は著作権法により禁止されています。

免責事項

当サイトの情報掲載、運営には細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性、有用性、等を保証するものではございません。当サイトをご利用いただいたことにより生じたいかなる損害、損失、等につきまして一切の責任を負いかねます。また、当サイトの内容は事前予告なしに変更、削除する場合がございます。

groundstore1983@gmail.com

この記事をシェアする